水草や熱帯魚についての育成ブログ。水草の育て方やアクアリウム用品、自分の水槽などを紹介します。

アクアリウムであると便利なグッズ

アクアリウムのメンテナンスグッズは、さまざまなものが販売されています。
100円ショップで手に入るものから必要性の高いものから、経験上あったほうが管理が楽なものなど紹介します。

カルキ抜き

熱帯魚飼育の場合、水道水をそのまま入れることはできません。必ずカルキを抜くか、エアレーションなどで貯めた水を使って水換えを行います。単にカルキを除去するためのものから、ビタミンやミネラルが入ったもの、粘膜保護もできる、重金属を中和するもの、黄ばみを除去したり、PHなど水質をコントロールするカルキ抜きなどさまざまなものが販売されています。

水槽の本数が多くなってくると、カルキ抜きは使わず浄水器で塩素を除去できるフィルターを購入し水換えを行う場合が多いですが、1本は持ってた方無難です。

水温計

水槽には水温計を入れて水槽内の温度が正常であるか常に確認する必要があります。吸盤で水槽内に貼り付けるシンプルなものからデジタル水温計なども発売されています。あった方がいいというより、安価ですので必ず使用した方がいいと思います。

バケツ

水換えの時に必要です。買ってきた熱帯魚を水あわせするのにも便利なので、100円ショップで購入してください。

スポイト/ピペット

スポイトは何かと使い勝手が良い用品です。砂利やソイルなどの底床材を入れずベアタンクで飼っている時のフン取りや水換え、ブラインシュリンプや稚魚に餌をピンポイントで与える時などいざという時のために1本持っていた方がいいです。

メラミンスポンジ

台所用品でおなじみのメラミンスポンジ。水に濡らして軽くこするだけで簡単に汚れを取ることができるお掃除アイテムです。100円ショップで購入できアクアリウムにおいても便利な使い勝手の良い商品です。ガラス面のコケ取りはもちろん、パイプの掃除など水槽まわりの掃除の時に大活躍します。

エアーチューブ

必ず一つは持っておいた方がいいアイテムのエアーチューブ。新しく生体を導入する時の点滴法の水あわせや、エアーポンプを使う時に必要となります。アクアリウム用品としては内径4mm、外径6mmのものが一般的です。

エアチューブには柔らかく手でくねっと折り曲げられるシリコン製のソフトタイプ、ビニール製、CO2添加に使用する耐圧チューブ。

シリコン製のエアーチューブは半透明で柔らかいのでポンプやストーンの抜き差しも簡単なので扱いやすいです。黒のタイプも売られています。

ビニール製のエアーチューブは、透明のものが多く素材が硬いので頑丈ですが、抜き差しはやや硬いと感じることがあります。

CO2添加用のチューブは、圧力で抜けてトラブルにならないように硬い素材でしっかりとした作りで出来ています。通常のエアーチューブとしては使い勝手が悪いのでエアレーションや水あわせ用に使うのであれば耐圧チューブではない方がいいです。

いずれにせよ、チューブは消耗品ですので一年に一回は新しいものに交換することをおすすめします。